スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YUI 5th Tour 2011-2012 Cruising ~HOW CRAZY YOUR LOVE~ 2012.1.19 日本武道館

HOTEL HOLIDAYS IN THE SUN~YUI 4th Tour 2010 ~以来、2回目のYUIのライブです。

最新作の「HOW CRAZY YOUR LOVE」はとても素敵なアルバムでヘビロテしてましたので、期待して臨みました。

1曲目は「HELLO」で軽快に始まりました。長くなった髪に水夫っぽいコーディネートで現れたときは、女性客から「かわいいーー!!」と黄色い声が。

今回のYUI、なにか貫禄がついたというか、演奏をコントロールしているような、堂々たるステージでした。

武道館に慣れたのでしょうか。自信がついたのでしょうか。それとも大人になったのでしょうか。

曲目はセトリに18日のものが上がっていました。

2曲目の「no Reason」、3曲目の「Nobody Knows」と続き、ノビとツヤのある歌声に、心地よい安堵感を覚えます。

中盤、アコースティックコーナーになって、思い切ったボサノバ風アレンジの「CHE.R.RY」が始まったときは驚きました。

言わずと知れた大人気の曲、若いファン層の期待を考えると、終盤に勢いよく演奏するのがセオリーのような気がします。

今回のアレンジはかなり原曲の面影を断ち切り、大胆なものでした。日本武道館がブルーノート東京になってしまったかのような雰囲気に。YUIの歌いっぷりもよく、たいへん興味深い1曲でした。

ちなみに客層は10代後半~20代前半、男女4:6と見受けられました。30代中盤の僕は半径5メートル以内で最年長!(自分でもびっくり)

続く「Good night」はアルバム内で浮いている不思議な短い曲。これがライブで化けました。

プラネタリウムのような演出のステージとYUIの歌声がマッチして、もう夢心地。目を閉じて酔いしれました。

今回のライブで一番聴きたかった「Get Back Home」が本編ラス前。

YUIのしっとりした歌声、せつない歌詞に、完全に心を奪われました。いい曲です。聴けてよかった。

そして本編ラストは「Your Heaven」。僕は「Your Heaven」が使われているソニーのCMを見て、ウォークマンを買いました。本当に美しい曲です。ラストいうこともあってか、力強い歌声でした。

アンコールはまさかの7曲。

「Laugh away」は明るくて開放的に。大好きな「 It’s happy line」はギター1本でYUIらしく。

そう、前回は大好きな「 It’s happy line」が聴けなくて残念だった。今回はやってくれて大満足。

会場の雰囲気としては「 It’s happy line」で締めの雰囲気。もうさよならかと思ったとき、「もう1曲やっていですか」と。そりゃ、沸きました。

最後の「TOKYO」でドラマがありました。今までもYUIが「TOKYO」で涙ぐむシーンはDVDも含めてありました。思い入れの強い曲なんだろうなと思ってました。

今回は1コーラス目の途中からギターの音が抜けたり、声がつまったり。いや、それでもYUIは泣かないんだろうなと思っていたら……。

いつのまにか目にあふれんばかりの涙がたまり、そしてこぼれた。

感情の抑制がきかず、涙を流しながら歌うYUIに、お客さんは「ゆい~!!」「がんばって~!!」の大声援。

僕は正直戸惑って、これはどういう涙なのだろうかと考えていました。

ツアーが無事に終わることの安堵感なのか、ファンへの感謝なのか、曲への想いや故郷への想いなのか。それとも震災を思ってのことなのか。

ライブのあいだ気になっていたのは、十分時間をとったMCでも「震災」を口にしなかったこと。唯一それらしいことを言ったのは、「日本が元気になりますように」でした。

YUIの活動は目立ってはいないけど、被災地をめぐったり、イベント収入から寄付をしたり、していたようです。

安易に「震災を乗り越えていきましょう」とは言わず、自分が歌うことで元気になってもらおう、曲目にその気持ちを表わそう、そう思っていたのかなあと、勝手に想像していました。

よく歌い続けられたな、というほどの涙でした。

あいかわらず心のこもった「ありがとう」を連発し、ファンの野次をスルーせずに受けてしまい、最後は深く、ていねいなお辞儀をする。

とても美しいお礼の姿。これが、僕がYUIを好きな理由でもあります。

YUIにどういう心境の変化があったのかはわかりませんが、今回のライブは人間的にも、アーティストとしても、大幅に魅力的になった姿を見せてもらったなと、そんな感想をもちました。

感情を覆うベールを脱いで、湧き上がる想いを露にしたことは、本人にもファンにも、きっとプラスになるはず。

今後も楽しみですし、できるだけ今のYUIのままでいてほしい、そんなおじさん的な願いを強くした2時間半でありました。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東京都 日本武道館

私は乗馬をやろうと思います ROCKIN'ON JAPAN 編集部日記 日刊スポ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

pinocchii

Author:pinocchii
趣味:登山、自転車、オーディオ、写真
好きなお酒:ワイン、日本酒、ウイスキー
好きな食べ物:馬刺、生肉
好きな音楽:桑田佳祐、YUI
好きな球団:楽天イーグルス
好きな国:ドイツ
好きな山:薬師岳、赤石岳
好きな花:ニッコウキスゲ、ハクサンフウロ
好きな作家:カズオ・イシグロ、瀬尾まいこ
好きな人:車寅次郎
好きなカップラーメン:赤いきつね
好きな映画:アメリ、ラースとその彼女
好きな小説:わたしを離さないで
好きな時間:AM2:00~3:00

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。